2013年4月 のアーカイブ | 18円の“ゆでそば”からの物語

26000回の連打で得たものは、凍結させたツイッターアカウント13個(笑)

こんばんは

デジタルソルト マサです。

今宵も自由のために頑張ります。

さて、

ツイッターアカウントを取得した人が悩む最初の壁は

フォロワーが伸びない、そして、むちゃくちゃ、そして、凍結。

私もそうですた。 →『26000回の連打で得たものは、凍結させたツイッターアカウント13個(笑)』の詳細ページへ

メディアを持つという事

こんにちは。

デジタルソルトマサです。

今日も自由のために頑張ります。

今日は、メディアを持つという事をお話しします。

まずはメディアとはなんでしょうか。メディアとはラジオテレビのような媒体のことを指します。

ラジオやテレビを持つということなのと疑問に思われる方もいるかもわかりません。

ここで言うメディアとはラジオやテレビを持つということではなくラジオやテレビのようにお客様を持つということになります。

メディアとは購読者のことなんです。

ラジオやテレビは視聴者をたくさん持っています。

ここで言うメディアを持つとはラジオやテレビのように視聴者あるいは購読者を持とうと言うことなのです。

購読者を持つと何が起きるのでしょうか。

購読者を持つとそこに市場が生まれます。

市場ができるという事はそこにものを流通させることができると言う意味合いなのです。

つまりツイッターを使えば購読者を集めることができそこにものを流通させることができそこを広告媒体として使用することができるということなのです。

インターネットはこのように自己のメディアを持つことができそこを広告媒体として利用できるということなのです。

例えばツイッターで1万人のフォロワーがいたとします。

そこに広告を流したとします。

今までであれば1万人の広告媒体に流すなればそれ相応のお金が必要になったりします。

ポスティングにしても新聞折り込みにしてもやはりお金が必要です。

人が集まるところに広告媒体としての価値があると認識されているからです。

このツイッターと言う媒体は最初はフォロワーが少ないのですが認知されるとともにフォロワーが増加していきます。

ちなみに、フォロワーが増えると記事更新するとギューンとアクセスグラフが上がるので、本当楽しいですね。

追伸

ツイッターのフォロワーを正に一回の登録のみで、気が付いたら1800フォロワーになってたと言う自動フォロワー収集機。

いつもながら、感動しますね。

「フォローマティック」

↓↓↓

http://masa.digital-salt.com/l3t7

ツイッターを始めてみよう

おはようございます。

デジタルソルト:マサです。

今日はツイッターの使い方を少々。

ツイッターをどう使うか?

と言う前にツイッターの基礎を少し。

ツイッターの基本機能としては簡単で、つぶやいたら、フォロワーに届くと言うのが基本機能です。

フォロワーと言うのは、メールマガジンでいう所の購読者となります。

無料で何でも登録できますので、好きな情報をGETする事ができます。

まぁ、何事も習うよりなれろ。

まずは、Twitterに登録をしてみましょう〜。

http://masa.digital-salt.com/twitter

Twitterを使っているマーケット

こんにちは

デジタルソルト:マサです。

ツイッターは皆様ご存知だと思います。

このツイッターは、簡単に言いますと、なんか思う事をつぶやくシステムでございます。

でも、なんか分からないと言う方もいらっしゃいます。

それは、利用方法が今ひとつ分からないと言う感じですね。

特につぶやく事なんて無いし。

という感じでしょうか。

かくいう自分もそんな感じでした。

ツイッター拒否反応みたいな感じですね。知っているけど今ひとつ分からないと言う感じですね。

ツイッターのベースはコミュニケーションツールです。

コミュニケーションツールなので、知人と会話する事が出来ます。

それに何と言っても、有名人と会話出来たりします。

でも、僕なんか会話なんか別に要らないしと思う訳です。

そんな方も多くいらっしゃいます。

しかし、これがメディア。

メディアになると考えるとどうでしょうか?

自分でメディアを作成し、自分で広報出来るとなればいかがでしょうか?

となると、それは、ビジネスに使えると言うことなのです。

しかし、今までツイッターをやったことがあるけど、あまりよくわからなかったと言う方も多いでしょう。

それは、一体どうなればツイッターをビジネスに使えるのかというモデルすなわち全体像がわからなかったからなのです。

このブログでは少しその辺の基礎のツイッターの使い方を説明さしていただきたいと思っています。

18円の“ゆでそば”からの物語 TOP » 2013年4月 のアーカイブ